気がつけばチラ裏だった

アリアリアリアリアリアリアリアリ.........

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

16×16世界の創造

こちらのドット絵入門を参考に球体を描いていきたいと思います。
半年ぐらい前にドット絵にはまってたので思い出しながら描きます。

使用するソフトはTUKA愛用のAzPainter2です。
ドット絵を描く場合はどんなソフトを使ってもOKです。
Win付属のペイントでもOKです。


まずは画像のサイズを決めます。
僕は、この記事のタイトル通りに16×16ドットにします。
16×16で小さい方だと思います。
そして注意して欲しいのは、小さいほど簡単というのは間違いということです。
事実、16×16で僕は相当苦労しました。
初めてならば32×32が良いと思います。
あまり大きいとドット絵とは呼びにくくなりますのでご注意を。
※サイズは基本自由。常識の範囲内で。
※ドット=ピクセル。



次に丸を描きます。
ペイントソフトを使っていれば簡単に丸を描ける機能があると思います。
無い人は自力で。


WS000000_20130205163724.jpg

こんな感じになると思います。
ドット絵は基本無駄なく描くものなので(自論)、余分だと思うドットがあれば消しましょう。

■■■


 
 ↓

  ■■



こんな風にするんだけど、分かりにくいかな・・・?


そうしたら色を決めます。
何色でも良いですが、僕は大好きな青で。
決めた色で丸を塗りつぶします。
それが基本の色になります。

その基本の色をもとにグラーデーションを作ります。
グラデーションは6~10色ぐらいが良いと思います。
っていうかどんだけ作っても良いと思います。誰も文句は言いません。

WS000001_20130205164627.jpg

僕はこうしました。9色ですね。
多くても少なくても後で足せば問題ないです。


いよいよ丸を球体にしていきます。

まずは丸の輪郭のギザギザ感を和らげます。

1.輪郭の色を変えてー
2.近い色をその近くに置いてー
3.だんだんと薄くしていくー

WS000002_20130205165810.jpg

僕はこんな感じになりましたが、16×16だと分かりにくいです。
参考にするならコチラが分かりやすいです。

次は光と影をつけましょう。一気に球体っぽくなります。

光源(光の位置)は左上にします。
その反対側(右下)を暗くします。
そしてグラデーションを自分で納得するようにつけてあげたら・・・

WS000003_20130205172102.jpg

こうなります。

左上を一番光らせるために、グラデーションの一番明るい色を小さい球体のようにして塗ります。
そして右下はグラデーションの暗い色を重ねて、基本色に近づけながら塗ります。


球体-青

そして完成した原寸大画像がこれ。

久しぶりにドット絵を描いたので、まだギザギザ感があるんですが気にしない。
気にしたら負け。


この記事が何かの役に立てれば幸いです。
ではまた。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/05 17:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

TUKA

管理人:TUKA
 
このブログについて
相互リンク募集中。
 
Twitterマイページ
ニコニコマイページ
 

ブログ内検索
累計PV数
ブロとも申請フォーム
クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
マンガ
Powered by amaprop.net
ゲーム
Powered by amaprop.net
フィギュア
Powered by amaprop.net
応援中
新宿ホテルの宿泊予約なら - 新宿ステイ.com バレーコーチんぐ! 応援中!! あねいも Neo+ オトメスイッチ 応援中! 『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 寄忍 由良利 スタッフィング最新作『催眠演舞』応援中! 2013年10月25日発売『ツゴウノイイ家族』 絶賛応援中! 「ALIA's CARNIVAL!」情報ページ公開中!
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。