気がつけばチラ裏だった

アリアリアリアリアリアリアリアリ.........

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京大が3Dプリンターで人工骨を作る治療法を開発

まるで自分の骨 京大、3Dプリンターで治療法開発

 京都大学の藤林俊介講師らは、立体構造を作り出せる3Dプリンターを使って、患者にぴったり合った形状の人工骨を作る治療法を開発した。頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの患者4人に移植したところ、手のしびれや歩行障害などの症状が改善した。

 コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)の画像をもとに、骨の大きさや形状を割り出し、レーザーでチタンの粉末を溶かして作る。従来はいったん作った人工骨を患者に合うように削る作業が必要だった。1個の人工骨を作る費用は材料費と電気代を合わせても数千円で済むという。

 顎や大腿骨、背骨の一部などにも同じ手法が使えることを確認している。悪性腫瘍などで骨を広範囲に切除した後に、人工骨を移植する治療などに利用できるとみている。




3Dプリンターが普及してきた当時から医療に役立てるみたいな意見はあったけど、ついに実現しましたね。
何万、何十万もかかる人工骨の製作が何千円と安くなるのは凄い。
人工骨を作る技師の数は減りそうですけどね・・・。

IPS細胞といい、コレといい京大は最近凄いですね。どうした東大。



歯科大教授が明かす  本当に聞きたい! インプラントの話  角川SSC新書
矢島 安朝
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 48,026


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/12 14:47 ] 一般ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

TUKA

管理人:TUKA
 
このブログについて
相互リンク募集中。
 
Twitterマイページ
ニコニコマイページ
 

ブログ内検索
累計PV数
ブロとも申請フォーム
クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
マンガ
Powered by amaprop.net
ゲーム
Powered by amaprop.net
フィギュア
Powered by amaprop.net
応援中
新宿ホテルの宿泊予約なら - 新宿ステイ.com バレーコーチんぐ! 応援中!! あねいも Neo+ オトメスイッチ 応援中! 『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 寄忍 由良利 スタッフィング最新作『催眠演舞』応援中! 2013年10月25日発売『ツゴウノイイ家族』 絶賛応援中! 「ALIA's CARNIVAL!」情報ページ公開中!
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。